更新日2019年6月25日

 

Fan Fun KASHIWA

ここから本文です。

突撃!パン屋さん・No1~アミー

このページ、とことんKASIWAマイラブも7年目です

数多(あまた)の蕎麦屋を訪ねてはズルズルと食べました

甘~いスイーツもペロペロと食べました

カレーだって忘れていません、お腹一杯、食べました

カフェもオシャレから昭和まで、コーヒーを飲みました

 

そしてついに・・・ついにィィィ~!

お待たせしました「パン屋シリーズ!」のスタートです

誰かに「パン屋を紹介して」と言われたワケじゃないんです

柏市広報が「これから柏はパン推しでいくよ!」

と息巻いているワケでもないんです

とあるパン屋さんの手書きのポスターに惹かれたんです

 

ぱん1

柏マルイ一階、アミーという名のパン屋さん

 

どうですか?

毛筆で自慢の絶品と書かれると食べないワケにはいきません

オレはフラフラと店内へ

3名ほどの女性が忙しそうに働いている

そして彼女達の目は輝いていた

ハハ~ンなるほどな・・・とオレは思った

パン屋さんは女の子の憧れの職業に、つねにランクインしている

つまり彼女達はパン屋が大好きなんだな

好きな仕事が一番ですよ

昭和時代の代表的な、なりたい職業ですよね

あとは、花屋さん、看護師、ケーキ屋さんかな

女子って意外と身近で現実的なトコに目が向いてるんだなぁ・・・

 

ま、そんなコトより

どこだ?どこなんだクリームパンは?

おおお、あったぞ、一番奥のタナに置いてある

しかも焼きたてだ!ラッキー!よし、これください

 

ぱん2

ほのかに暖かくて、ずっしりとしている 160円くらい(記憶曖昧です)

 

うん、これは美味しそうだ

手に持っているだけでイースト菌の香りがプ~ン

イイ、やっぱり焼き立てパンは、イイ!

そして、店の入り口の外側に小さなテーブルと椅子がある

ここで食べていいのかな?いいの?じゃあココで

クリームパンの食べ方で難しいのはパンとクリームのバランス

パクっといったら、パンだけでした~とか、クリームだけでした~

なんてのは素人の食べ方、何もわかってない

まずは手に持ってパン中のクリームの配置を探る

そしてパン6時04分クリームの割合の部分をめがけて・・・パクッ

よし!大成功だ!いいバランスでオレの口の中で

パンとクリームが混ざり合う

NASAの操縦士でもここまでのコントロールはできまい

 

モグモグ・・・フムフム・・・ムム?

こ、こ、これは・・・!クリームの甘さが絶妙だ!

クリームパンには甘さが必要である

しかしアメリカのケーキのような毒々しい甘さはいけない

優しい、赤ん坊の産毛のような、そんな甘さが求められる

そして、このアミーのクリームパンのクリームは・・・

優しい!

このクリームならバケツ一杯なめ続けられる!

そう思えるほどの絶妙な甘さ

もちろんパンもシットリだ

噛んでいるうちに口の中がゴビ砂漠になるような

そんなパサパサパンがアミーにあるわけがない

なぜなら・・・アミーは1936年創業!老舗中の老舗だからだ!

ええ、スミマセン、いまググったら、そう書いてありました

なるほどね~昔から柏市民に愛されてきたんだな

いや~クリームパン最高!ご馳走様~!

 

ぱん3

黒い小さなテーブルで食べてるとすごく目立つ

 

うん、アミー、素敵じゃないか

パン屋、柏駅周辺だけでも、ざっと10店舗以上はあるだろう

そこで毎日のように焼かれては売られていくパン

よし、パン屋も面白そうだな、シリーズ化決定だ

問題は、焼き立てを狙うべきか・・・

閉店間際の半額セールを狙うべきか・・・

迷うが・・・これは運命に任せよう

 

(つづく・・・オレは菓子パンが好きです)

情報発信元:パッパラー河合の とことん!KASHIWAマイ・ラブ

柏の魅力をシェアしよう!

パッパラー河合のとことん!KASHIWAマイ・ラブ

柏市出身ミュージシャン

生れも育ちも柏市の、パッパラー河合さんが、地元発の魅力を紹介します。