更新日2019年11月11日

 

Fan Fun KASHIWA

ここから本文です。

ポークソテーセット・A

まだ幼稚園に通っていた6才の頃

もう53年前になりますね~

ウチは普通のサラリーマン家庭だったので

外食は贅沢である!って位置づけでした

なので、朝・昼・晩と家で母親の手作り御飯です

ま、それが日本全国の標準ですかね

 

当時の一般家庭の食事は質素でしたよ、ホントに

牛肉なんて滅多に食べることは出来ませんから

スキヤキにおける肉の奪い合いとか、悲惨です

それはオレの肉だ~!なんて箸で目をつつかれたりね

いやいや、冗談ですよ・・・ハッハッハ・・・

河合家では、たま~に贅沢をしてました

 

母「今日の晩御飯はお寿司よ~!」

俺「ワ~イワ~イ!」

 

寿司です寿司!

と言っても、いなり寿司なんですよ、イナリ

で、バリエーションでカッパ巻とかんぴょう巻

そもそも大トロとかウニとか知りませんから

寿司ってコトで十分に贅沢気分を味わえたワケです

 

そして当時の河合家の本ッ当の贅沢・・・それは!

それは柏駅東口の洋食レストラン「リヨン」での夕飯です

まあ月に一回ぐらいかな~日曜の夕方、家族で出動します

で、ショーウインドウを眺めて何を食べようかなと・・・

ここでオレと父親との攻防戦が始まる

 

オレが食べたいのはポークソテーセットA(400円)です

でも父親はポークソテーセットB(360円)にしろと言う

AもBも、5ミリ厚の豚肉一枚1に付け合せの野菜、ライス、ジュース

ココまでは同じなんです

何が違うのか?それはプリンの有無なんです

 

リヨン

 

父「400円か・・・高い!Bでいいんじゃないか?」

俺「Aがイイよ!Aが食べたいんだよ!」

父「B!」俺「A!」

父「BBB~ッ!」俺「AAAッ!ワァァァ~ン!」

 

そりゃ~オレは必死ですよ

リヨンのプリンは蒸しプリンでしたからね

当時、プリンと言えばハウスプリンです

牛乳にハウスプリンの粉を混ぜて冷蔵庫で冷やして完成

プッチンプリンみたいな食感のヤツです

プルプルしてる寒天みたいなヤツです

でも蒸しプリンは違った

ちょっと固くて歯ざわりもシッカリしてコクがある

コクって何だ?って思いますけど

コクがあるとしか言いようが無いんです

そしてプリンの甘~い香り、カラメルのほろ苦さ

そこには職人のこだわりが感じられる

家じゃ絶対に食べられない!

オレは食べたいんだ!

 

そしてオレはいつもプリン付きAセットを注文してた

毎回、父親との攻防戦を制してたんですね

父親にジャンケンで勝ったり

勉強するからAセットにして!とか懇願したり

今考えると父親は攻防戦が楽しかっただけ

そ~ゆ~コトだと思いますね

 

でもね、あれからですよ

オレがスイーツに執着するようになったのは

ど~しても虎屋の羊羹が食べたいんだ!

絶対にビアードパパのシュークリームが食べたいんだ!

そんなスイーツが柏にもまだまだ沢山あるハズです

ので・・・まだまだ柏スイーツ探訪は続くのです

 

(つづく・・・でもな~ダイエットがな~悩ましいな~)

情報発信元:パッパラー河合の とことん!KASHIWAマイ・ラブ

柏の魅力をシェアしよう!

パッパラー河合のとことん!KASHIWAマイ・ラブ

柏市出身ミュージシャン

生れも育ちも柏市の、パッパラー河合さんが、地元発の魅力を紹介します。