更新日2019年12月16日

 

Fan Fun KASHIWA

ここから本文です。

柏のお医者さん~あけはら眼科

「眼科には女医さんが多いのよね

だって目の救急患者さんって、あまり居ないでしょ?

だから時間の制約が少なくて家の仕事も出来るのよ~」

ってコトを最近、耳にしまして

ホントかな?でも確かに理にかなってるなぁと

そうだ!お友達の眼科医に聞いてみよう

 

あけはら眼科の岸さん(53才)はレイソル観戦仲間

柏中学校の真向かいで開業している

柏市内で6つの学校の校医もしている

保健の先生への講習会も長年取り組んでいる

なんかイロイロとやっている

それが評価されて今年、柏市から表彰されている

実に、まことに、ホンマに、偉い岸先生

 

あけはら01

「そんな偉くないですよ!」と岸先生

 

岸さんは兵庫県・姫路市生まれ

神戸市立中央病院で医師のキャリアスタート

2005年に柏で、あけはら眼科を開業した

何で柏を選んだかというと

実はダンナさんもお医者さんで、結婚当初は

ダンナさんが筑波大学、岸さんは東京・帝京大学に勤務してた

つまり柏だと両方に通いやすい

いや~あるあるです、このパターンってホント多いんですよ

茨城と東京に地縁があるので柏をチョイスのパターン

ハッ!そ~いや「チョイス」ってバタークッキーあったな~

急に思い出したわ~いやいや~懐かしいなぁ

あれね、美味しかったんだ・・・え?関係ない?ですよね~

 

で、「眼科と女医さんの関係」の質問をしてみた

すると岸さんは日本の医師の男女比率と眼科医の男女比率を比較して

眼科医は女性が多いと結論付けた

うむ、理論派である!

「う~ん、そうね~お洗濯とか~お料理とかもしたいしね~

だからね~眼科がいいのよね~」

みたいな軽い回答を待っていたオレが間違いだった

 

ちなみに娘さんは医大生、息子さんも医大目指して勉強中

つまり4人家族で全員が医者ってコトになる

だとすると家族でステーキ食べるときとかフォークじゃなくて

メスッ!サクサク!モグモグ・・・うん!健康な肉だ!

みたいになるんですかね?

でも家庭内で診察できるんで病院必要ないな~いいな~

 

で、岸さんといろいろ話してたら

「ちょっと眼、見ましょうか?」と

え?オレの目?いやいやいや・・・今?

オレね、眼科には縁が無いんですよ

ホラ、オレってず~っと視力1.5でメガネいらずでしょ?

知らない?あっそう・・・知ってよ~

まあでも老眼ですね、日々、進行してると思います

白内障とか大丈夫か?さあ・・・

とりあえず見てみましょう?ああ、なんか怖いなぁ・・・

 

あけはら02

ひぃ~!助けて~!目がぁ!目がぁぁぁ!(ムスカ風)

 

ちょっと!これ、もし針が飛んできたら失明しますよ!

そんなもの飛んで来ない?ああ・・・そう

でもさ、この光がもし熱線だったら失明・・・

うるさい?ああ、失礼しました

まず右を見ろ?はいはい・・・

次は左だ?はいはい・・・

大きく息は吸わなくていいの?関係ない?あっそう

先生、そんなジーッと見ないでくださいよ・・・

なんか心の奥底まで見透かされてるようで・・・

え?見るのが仕事だ?ですよね

特に悪いところはない?

ふう・・・よかった、安心しました

さすがです、さすが名医です!岸さん偉い!

ちなみに岸さん、2階から目薬、させますか?

関係ない?ああ、そうですか・・・失礼しました

 

あけはら03

これがオレの眼球映像、なんか宇宙っぽい

 

姫路生まれの岸さんに柏の住み心地を聞いてみた

だが聞くまでも無かった

完全に身も心も柏っ子になっているようだ

趣味はミュージカルを見たり、当然、レイソル観戦

レイソルで応援してる選手は誰?と聞くと

「う~ん、瀬川クンかなぁ・・・」と

コレですよ!女性は選手をクン付けで呼ぶんですよ

クラスメートを呼ぶみたいにね

しかも「クンッ♡」みたくハートマークもついてます

これって母性みたいなもんなんですかね

 

いや~やっぱりお医者さんの話って別世界で面白いです

よ~し、次は何科の先生がいいかな~

王道で外科かな・・・内科は無いか・・・

寒ッ!みなさん風邪には気をつけて

 

(つづく・・・インフルも気をつけて!)

情報発信元:パッパラー河合の とことん!KASHIWAマイ・ラブ

柏の魅力をシェアしよう!

パッパラー河合のとことん!KASHIWAマイ・ラブ

柏市出身ミュージシャン

生れも育ちも柏市の、パッパラー河合さんが、地元発の魅力を紹介します。