更新日2020年3月30日

 

Fan Fun KASHIWA

ここから本文です。

野菜大好き!

みなさん無事ですか?

コロナウイルスの感染回避、手洗い励行ってコトで

オレなんかもう一日中、手を洗ってまして

手のひらがパサパサですよ、パッサパサ!

何かを触ると「あ、洗わないと・・・」でしょ?

完全に油分・水分が喪失状態で、摩擦係数がゼロ

スマホがスルリと手から滑り落ちるんですよ

いや~困った

 

で、困ったと言えばコロナ詐欺です

マスク売ってますよ~詐欺とか

ウイルス除去しますよ~詐欺とか

イロイロあるようなので気をつけてます

ま、そんな先の見えない戦いですけど

今のところ、なんとか耐えてます

ウイルスとの戦い、乗り切りましょう!

 

で、最近気をつけてるのは食べ物ですね

健康になってコロナウイルスに勝利するぞ!

免疫力を高めてコロナウイルスを寄せ付けないぞ!

そう思って、今までより多めに野菜食べてます

 

で、野菜をどこで買うか?それが問題です

スーパーでも道の駅の即売所でもイイんですが

実家の近所「路地裏マルシェ」って野菜即売会がお気に入りです

地元で朝に採れた野菜、朝採れ野菜ってヤツが買えます

 

やさい01

「野菜って鮮度で味が全然違うんですよ~!」

 

そう教えてくれたのは上の写真の竹下織子(あやこ)さん

彼女は豊四季中出身、生粋の柏っ子

この日も、路地裏マルシェで野菜を売ってました

竹下さんは大学で環境学を専攻して、野菜の道へ

まずは横浜青物市場で仲買人として働いた

若い女性がセリをしていて、珍しかったそうです

そして、地元に戻って野菜を売っている

環境を思う気持ちは昔と変わらず

野菜を通して環境を良くしたいと思っている

いや~オレの若い頃より5倍以上はしっかりしています!

 

そんなワケで最近、若者が農業に目覚めてるっぽいですね

特に柏は若者が農業で頑張ってるらしい

オレが学生だった頃と、農業のイメージが違うんですよ

今は農業がイケてる職業になってるんですよ

竹下さんが売っていた野菜は「ファーム小川」という

増尾の若い農家さんらしいです

 

やさい02

 

そっかぁ~柏の農業キテるのかぁ~

よし、決めた!今日は野菜スープ作って食べるよ

竹下さん、オススメの野菜は何?

ルタバガ?なにそれ?芋なの?へぇ・・・

じゃあそれと玉ねぎと、キャベツもいいね

味付けはど~したらいいの?

ほんのり塩味だけで十分美味しいです?

あっそう・・・コンソメスープの素みたいのは?

必要ない?マジで?それってかなり上級者じゃないの?

オレは自慢じゃないけど生まれて一回も

野菜スープなんて作ったことないんだよ~助けてよ~

竹下「それならコンソメの素を使ってもいいかも!」

ああ、よかった、そうするよ

あとニンジンも欲しいな・・・

それは隣の森田さんのトコで買ってくれ?

了解しました!

 

やさい03

 

森田さん!カッコいいじゃないですか!

オレの若い頃より5倍はモテるんだろうなぁ

「ボクは流山で野菜を作ってます!楽しいですよ!」

へぇ・・・やっぱり若い農家さん増えてるんだな

やっぱり大消費地で野菜を作ってるのがイイんでしょうね

輸送の手間やコストがかからない

北海道で美味しい新たまねぎが収穫されても

さすがに朝採れのは入手できませんからね

その点、地元の農家さんなら新鮮なまま届けられる

イイですね、最近の健康志向とも相性がイイ

じゃあ、早速スープ作りますので!お邪魔しました!

 

やさい04

 

作り方

野菜・・・適当にブツ切り

味付け・・・味の素・コンソメスープの素

20分ほど煮て塩コショウ

簡単すぎる!

イタダキマ~ス!

モグモグ・・・美味すぎる!

 

ちょっと野菜スープにハマりそうです

これで免疫力も上がるだろうな!よしよし

ちなみに、路地裏マルシェはコロナ禍で

ダブルデッキ、市役所通り脇道、両方とも4月末まで中止

そごう裏の店舗ろじまるは通常営業だそうです

さあ!野菜を食べよう!

 

(つづく・・・やっぱり玉ねぎが美味しいなぁ)

情報発信元:パッパラー河合の とことん!KASHIWAマイ・ラブ

柏の魅力をシェアしよう!

パッパラー河合のとことん!KASHIWAマイ・ラブ

柏市出身ミュージシャン

生れも育ちも柏市の、パッパラー河合さんが、地元発の魅力を紹介します。