ホーム > Fan×Fun KASHIWA > ぐる~っと手賀沼 > 【第129号】今井の桜

更新日2020年4月3日

 

Fan Fun KASHIWA

ここから本文です。

【第129号】今井の桜

【第129号】今井の桜
前回は、手賀の丘公園内の「桜の森」をご紹介しましたが、今回はその手賀の丘公園の近く、柏市と白井市の間を流れる「金山落」という水路の両脇に植えられたすばらしい桜並木をご紹介します。いずれも、3月30日に撮影したものです。a
これは、手賀の丘公園行の「一つ井戸」バス停から撮ったパノラマ写真です。右側から左側に向かって流れる水路「金山落」の両岸に約2キロメートルにわたって、ソメイヨシノが植えられています。水路は、いずれ、もう一つの手賀沼「下手賀沼」に流れ込みます。

ああ

ズラリ植えられた桜並木は、見事なものです。

あ
ほぼ満開です。

ああ
水路の左側には、柏市柳戸地区と白井市今井地区の田園風景が広がっています。田園地帯にピンクの帯といったところでしょうか?

あ
「金山落」の水路両脇の菜の花と、よくコラボしていますね。

ああ
水路の流れこむ桜の枝も、水面に映る桜の花も見事なものです。

あ
満開の桜です。

ああ
黄色い菜の花とピンクの桜が相まって素敵な光景です。

あ
桜並木の途中に色あせた説明看板がありました。(多分、35年ぐらい前のものと思われます)

=====
「今井の桜」
今井の桜は、昭和35年(1960年)地域の景観を保つため緑の羽根の還元資金により名内橋より手賀沼まで約2キロメートルの河川堤に ソメイヨシノ八重桜が150本ほど植えられたことに始まります。
昭和58年(1983年)千葉県の「美しいふるさとづくり運動」の一環として指定を受け地域環境保全のために、手賀沼改良区白井支部が管理しているものです。

水と緑を大切に! 手賀沼土地改良区白井支部

=====
いかがだったでしょうか? 動画もありますので是非ご覧ください。

<今井の桜:動画1>


<今井の桜:動画2>

それでは、今回はこの辺で

情報発信元:柏人への道(ぐる~っと手賀沼)

柏の魅力をシェアしよう!

ぐる~っと手賀沼

執筆者:kuma3(くまさん) 千葉県柏市在住。

柏市南部、主にカシワニの棲む手賀沼を中心として自然の魅力をぐる~っと紹介していきます。カシワニの棲むあなたの知らない柏の魅力を新発見!