ホーム > Fan×Fun KASHIWA > アッキーのカシスポ応援し隊っっ! > 柏レイソルJ2優勝!ふたたび柏から世界へ!!

更新日2019年12月20日

 

Fan Fun KASHIWA

ここから本文です。

柏レイソルJ2優勝!ふたたび柏から世界へ!!

 

写真1

(写真提供 柏レイソル)

我らが柏レイソルが予定通り、J2優勝という形で1年でJ1昇格を決めました!

「我々レイソルに関わる全ての人間はやはり大きい夢を持つべきだと、持ってるべきだと思う」
最終節の後、監督会見でネルシーニョ監督が最後に言った一言が印象的でした。
「2010年にJ2優勝し、翌年2011年にJ1優勝の記憶が鮮明であるので、そこを期待してしまうけどどうか?」といった私の質問に対しての返答でした。
今シーズン、J2優勝が決まり1年でJ1昇格を決定づけた時に誰もが頭をよぎったのが、2011年のJ1優勝のタイトルではないでしょうか。最終節の試合前、サポーターの皆さんの話を聞いていると、また今回もJ1J2連続優勝への期待が大きいことに私は個人的にびっくりしました。なぜなら、またさらにJ1のレベルも上がっているし、今のレイソルも選手層は厚いけど、あの時のレアンドロ・ドミンゲス選手のような絶対的な存在になるような選手がまだいないし、そううまくはいかないと正直感じていたからです。

写真2

(写真提供 柏レイソル)

写真3
ですが、リーグ戦最終節、ホームに京都サンガを迎えた一戦で、レイソルは13ー1という前代未聞の記録を打ち立て大勝利したのです。8点目くらいからか、みんな得点が映る電光掲示板をカメラで撮影しだしました。まさか二桁得点はなんて・・と期待半分、冗談半分話しているうちに、あれよあれよという間に10点、最終的には13得点という電光掲示板も対応しきれないような数字で勝利!嘘のような夢のような試合、こんな試合をさらっとやってしまったのです。この瞬間、「あぁそうだった、ネルシーニョマジックがあったのだった」と思い出しました。予想もできないようなすごいことがネルシーニョ監督が指揮をとると起きてしまうのです。だから今では私も、来シーズンJ1優勝も夢じゃないと本気で思っています。
そして、最後のあの監督の言葉、完全に視野に入れているなと思いました!!!

写真4

(写真提供 柏レイソル)
来シーズンへの期待を大きく膨らませた最終戦、こちらもJリーグ記録となる1試合8得点を決めたオルンガ選手。正直、ここまでの活躍を予想していなかっただけに最後の最後で見せつけられたような感じがしました。果たしてレイソルのスタイルにハマるのだろうか、そんなことを入団当初は感じていましたが、今はなくてはならない存在です。でもJ1リーグではマークも当然さらに厳しくなるだろうし、そこ頼みだけではいかなくなるのも目に見えています。しかも来年チームにいてくれるかもまだわかりません笑

写真5

(写真提供 柏レイソル)
外国人選手をうまくフィットさせ、起爆剤にするのが得意なネルシーニョ監督ですが、今や日本代表の酒井宏樹選手や、現在はヴィッセル神戸で頑張っている田中順也選手、今やベテランでリーダー的な存在である近藤直也選手のように、ネルシーニョ監督のもとで目覚ましい成長をとげた日本人選手もいます。日本人の若手選手の得意なところを発掘するのもとても上手いのです。来シーズンは、ネルシーニョ監督に鍛えられて力をつけ、J1リーグでタフに戦い抜く日本人選手は誰なのか?それがとても楽しみです。

写真6
2011年のJ1優勝とはまた違うスタイルで是非とも優勝を期待したいところ。
レイソルに関わる全ての皆さん、大きい夢を持って来シーズンを迎えましょう。そしてまた、柏から世界へ!!

せ〜の!カシスポ応援したいっっ!!
改めて、J2優勝、J1復帰おめでとう〜〜〜!!!

情報発信元:柏人への道(カシスポ)

柏の魅力をシェアしよう!

アッキーのカシスポ応援し隊っっ!

執筆者:岡田亜紀(通称アッキー) 千葉県柏市在住。

柏レイソルをはじめ、柏市のスポーツ関連情報を紹介します。