更新日2021年7月12日

 

Fan Fun KASHIWA

ここから本文です。

親子プロジェクト in 柏

毎度おなじみアッキー(カシスポ応援し隊っっ!)から電話がきた

「河合さん、親子写真を撮りませんか?

柏・親子プロジェクトです!え?知らない?知ってよ~

ワタシも息子と撮りましたよ

いいじゃないですか、お母様と是非!」

 

オレの母親は93才だ

茨城で生まれて、65年以上柏に住んでいる

最近たびたび母が口にするのは

「どの写真をお母さんの遺影しよう?

へんなのはイヤだし、かといって若すぎるのも不自然だし

あ~どうしよう・・・」ってコト

それだけじゃない

自分の葬式にはだれを呼ぶのか?

斎場はどうするのか?

最終的に自分の棺桶の飾りつけまで注文をつける

「質素な白木でいいよ、どうせ燃やしちゃうんだから」

どうせ燃えるなら何でもイイじゃないかと思うのだが

ここは「了解!白木ね!」と答えるのが正しい

 

考えてみると、母と2ショット写真なんて撮ってない

それにスマホで撮る日常のスナップ写真と

写真館でプロが撮る写真は別物

ヨシ!撮ってみるか!

 

その写真館の名前は「ヒミツキチ」

柏中のすぐ隣に去年オープンした

写真館の店主&カメラマンは阿部さん(35才)だ

 

阿部さん

ボク?ボクは北千住生まれです

ええ、妻も北千住ですね

なんで柏に住んでるのか?

実はこの写真館をオープンする前は茨城に勤務してました

で、経由地の柏はイイとこだって知ってたんですよ

東京ほどゴチャゴチャしてないし茨城ほど遠くない

我が家にとって生活、仕事、子育て、すべてに丁度いい

8年前に引っ越してきて、年長さん&2才の娘2人います

なので娘は完全に柏っ子ですね~

 

そんなワケで早速撮影開始

この「親子プロジェクト」はかなり昔から存在してて

世界中のカメラマンが親子写真を撮ってるらしい

阿部さんは柏で30組の親子を撮影するそうだ

 

03

 

はい笑って~!チーズ!とか今は言わないんですよね

適当に会話しながら自然な雰囲気の写真がヨシとされます

オレはまあ写真は撮り慣れてるんですけど

母は写真館で撮影なんて・・・多分自分自身の結婚式以来

「こんな普段着でイイのかい?美容室も行ってないし」

タンスには高価な和服もあったのに~とか

パーマ屋で染めてくればよかった~とか

まあ、93才なのに欲が深いです

普段着でイイんですよ

和服なんて来たら堅~い写真になるでしょ?

 

阿部さん「うん、いい写真撮れました!」

で、完成品が↓↓↓コレ↓↓↓です

 

2

 

お~イイじゃないですか~!

やっぱりスマホの自撮りとは違いますね

自撮りじゃこの雰囲気は出ないです

阿部さん、せっかくなので母のワンショットもお願いします

いやね、コレだ!って遺影が無いのが母の悩みなんです

是非撮影してくださいよ

 

阿部さん

了解です!誰でも遺影には苦労するんですよ

イザって時に、ないないってあるパターンです

で、仕方ないので20年前のハワイ旅行の・・・みたいな

あとね、遺影を撮影すると長生きするって都市伝説もあります

じゃあ撮りましょう!

 

04

 

パチリ!うんいいんじゃないでしょうか

これで遺影の心配はなくなったと・・・

あとは棺桶と斎場と・・・まあいいか!ハッハッハ!

 

05

左からアッキー、母、オレ、阿部さん

 

阿部さんは近いうち、親子プロジェクトの写真展するそうです

それも見に行かせていただきます!

素敵な写真ありがとうございました

 

写真館「ヒミツキチ」

https://www.instagram.com/himitsukichi.photography/(外部サイトへリンク)

親子プロジェクト

https://intheozone.net/oyakoproject/(外部サイトへリンク)

 

(つづく・・・暑いですね、蕎麦の季節です)

柏の魅力をシェアしよう!

パッパラー河合のとことん!KASHIWAマイ・ラブ

柏市出身ミュージシャン

生れも育ちも柏市の、パッパラー河合さんが、地元発の魅力を紹介します。