更新日2021年8月2日

 

Fan Fun KASHIWA

ここから本文です。

蕎麦を求めて~手打ちそば玉川

暑い!暑い!アツイ~!まあでも寒いよりマシです

夏か冬か、どちらかを選べと言われたら迷わず夏

寒いと身も心も冷えます、そして覇気もなくなります

暑いときはアツイアツイ~!と元気に叫んでりゃイイんですよ

 

そんな暑~い真っ昼間の正午過ぎ、柏駅に向かって歩いてた

すると目の前に知り合いのOさんが歩いている

Oさんは柏市役所に勤める59才・男性だ

 

河合「Oさん!何してるんですか?」

Oさん「いや~昼メシですよ、うまい蕎麦屋あるんですよ」

河合「へぇ・・・Oさんは蕎麦好きですか?」

Oさん「ですです、やっぱりね、男なら蕎麦ですよ!」

 

男なら蕎麦・・・謎理論だが、まあいいだろう

Oさんオススメの蕎麦屋は柏駅東口駅前の「玉川」ってお店

最近オープンしたお店だ

結構、遠いところで昼食をとるんだな

市役所から店まで徒歩12~3分はかかるだろう

往復で25分、食事に30分

昼休みが1時間とすると残り時間5分!

昼休みのすべてを蕎麦に費やしている

そうまでして、この玉川の蕎麦を食べたいのか!

蕎麦好きのオレとしては黙って見過ごすワケにはいかない

後日、オレは店へと向かった

 

1

 

ああ、ここか!いままで居酒屋かな~なんて思ってた

オレはお酒は飲まないので、居酒屋だと認識すると

脳のメモリーから除外されてしまう

だから今まで気が付かなかったのだろう

暖簾には「あなたのそばがいい」なんて書いてある

ほうほう・・・蕎麦にかなり力が入っていると見た

 

さてと何を注文するかな・・・

だがオレの心は決まっている、ザル一択!

どんな蕎麦屋でも最初は「ザル」と決めているのだ

蕎麦とツユ

その本来の味を知りたいからだ

なので、それ以外の要素は極力排除したい

 

白米の味を吟味するとき

チキンライスと卵焼きのデミグラソースあえ

まあつまりオムライスだが

これで判断する人がいるだろうか?

否、いるワケがない

オムライスでは白米の味はわからない、当然だ

 

蕎麦本来の風味を知りたいのなら

カレー蕎麦など論外である

カレーのスパイスの前では蕎麦の風味など無力!

カレーはカレー、蕎麦は蕎麦、決して混ざり合うことはない

よし決めたぞ!

おね~さん!ザル!二八のヤツください!

お姉さん「くぁしこまりッあしたぁぁぁ~ッ!」

うん元気がいい、蕎麦屋と魚屋は元気じゃないとね

 

2

 

おおおお!美味そうだ!

玉川では蕎麦の挽き、打ち、茹で、すべて店内で手作業のようだ

そこまでやって一枚千円!これは妥当な値段だろう

さてさて、イタダキマ~ス!

まずはツユを少しだけつけて・・・ズズズッ

ムグムグ・・・香!!!蕎麦!!

これこれ、この蕎麦の香りがイイんですよ

次はちょっと多めにツユをつけて・・・ズズズゥゥゥ~!

美味い!カツオが効いた素朴なツユ、蕎麦の香りを消してない

 

ズズズゥゥ~!

ズズッ!ムグムグ・・・ツ~ン

ズウズズゥゥゥ~!

ズ!ズ!ズズズゥ!

 

ふぅ・・・御馳走様!2分で完食してしまった

蕎麦は一気に食べる、それでいいんですよ

きっとOさんも2分で食べるんだろうな

そうすれば昼休みの時間も無駄にならない

それで蕎麦なんだろうな、納得だ

 

3

 店内は日本家屋風で落ち着いてるのもイイ!

 

いやいや、美味しかったです

玉川では二八蕎麦以外に、十割蕎麦も選べる

でもオレは絶対に二八派なんですよね

Oさんも「二八蕎麦が好きです」と言っていた

やはり、男は黙ってサッ○○ビール!(謎理論)

そして、男は黙って二八蕎麦!(謎理論)

なのかもしれない

世の中は謎だらけだ

 

(つづく・・・蕎麦探訪 in 柏は終わらない)

柏の魅力をシェアしよう!

パッパラー河合のとことん!KASHIWAマイ・ラブ

柏市出身ミュージシャン

生れも育ちも柏市の、パッパラー河合さんが、地元発の魅力を紹介します。