更新日2021年7月26日

 

Fan Fun KASHIWA

ここから本文です。

真夏の「柏まちかどライブDAY」

いよいよ東京オリンピック2020が始まりましたけど

ありゃ~キング・オブ・魔物コンテンツですね

だってね、ふとTVを見たら柔道の中継をしてたんです

そしたら兄妹で金メダルだ~!史上初だ~!

とかやってまして、ええ、もうホント、TVに釘付けでした

アレ?オレってこんな柔道好きだったっけ?って思いましたから

ホント、柔道は4年に一度しか見ないのに・・・

高校の時、選択授業で柔道を選んで後悔したのに・・・

こんなに興奮して目を離せない競技だったのか!柔道!

 

ま、これがオリンピック効果です

絶対的なオリンピックの吸引力です

そうだ!いいこと考えた!

柏オリンピックを開催しましょう

柏市内の小学校42校と中学校21校を国や地域に見立てる

何の競技をするかは・・・わかりません・・・でも

「Olympic Games Kashiwa 2022」

うん、カッコいいのでやりましょう、手弁当で

 

さてさて、先週の令和3年7月18日日曜日

柏駅東口駅前通りで「柏まちかどライブDAY」

が行われまして、偵察にいってきました

コロナ禍で、開催されるのは去年の秋以来です

先週の日曜日は猛暑日、ガンガンに暑かったんですけど

昼の午後2時過ぎ、一番暑い時間帯、ガンガンに演ってました!

 

1

 

歌ってたのは柏出身の「ちょねさゆ」さん

初めて拝見しました

ええ、もう、それは元気で、快活で、聡明なお嬢さんでして

お見合い写真を撮影したら縁談も1発でまとまるだろうなと

そんな感じのステキな女性でした

小・中・高と柏の学校で学ぶと

こうも凛々しい女性になるんだな!と誇らしい思いであります

 

3

 ピアノ・三線・ウクレレで弾き語りもします

 

ちょねさゆ(芸名)さんは高校時代は合唱部

大学に進学するも中退してボランティアに勤しみ

5年前「やっぱり私には歌しかない!」と歌い始めて

現在は毎日web配信をしたり

ダブルデッキで、ちょいちょい演奏してるらしいです

 

そんな「ちょねさゆ」さんの生演奏・生歌を路上で聴ける

ってコトで熱心なファンの人達、通りすがりのオジサンも

ガンガンに太陽が照り付けてるんですけど

汗ダラダラに流しながら聴き入ってました

 

ああ、いいなぁ・・・オレは思いましたね

歌いたい女の子がいる

聴きたい、見たい、人達がいる

そしてライブができる場所が提供されている

新宿にもストリートミュージシャンが居ますけど

妙に殺伐とした雰囲気が漂ってるんですよ

大都会だから?ゲリラだから?

 

でも、この柏のイベントは実にほのぼのしてる

みんな穏やかな気持ちで音楽を楽しんでる

うんうん、いいじゃないですか~

さすが音楽の街かしわ!

 

で、次にステージに登場したのは

柏ハングさん(40才)と

セネガル出身のファイシーディー(31才)さん

 

2

 右・ハンドパンを叩いて演奏する柏ハングさん

 

柏ハングさんは愛知県出身

10年間、東京で建築士として働くも体を壊してしまい

身も心も落ち込んで、柏のダブルデッキを歩いてた

その時、演奏する若者たちを見て心の霧が晴れたらしい

そして、よほど心の琴線に触れたのだろう

彼は「そうだ音楽やろう」と思い立った

それまで一切、音楽と縁がなかったのに!だ

己の人生の舵を一瞬で切る、この決断力

「そうだ京都いこう」ぐらいの即決加減だ

なんて思い切りがいいのだろう!

 

選んだ楽器はハンドパン

初めて生で聴きました、実に温かな音がします

60分、部屋に流れてても邪魔にならない癒しの音

20才そこそこのギラギラした若者には出せない音

 

この日、一緒に演奏してたのはファイシーディーさん

奥様が柏市民で、今は夫婦で豊四季に住んでいる

セネガルでは有名な音楽家だそうだ

実に軽快なリズムを刻む

 

演奏が終わって2人と話をした

とっても優しさに溢れた2人だった

柏ハングさんのハンドパン教室の生徒さんも沢山来ていた

これは音楽と人柄だな~うんうん、いいですね

 

この日の「柏まちかどライブDAY」では

5~6組のミュージシャンがステージに立った

キチンと見れたのはこの2組

ヨーカドー前の路上で気軽に音楽に触れられる

これはいいイベントですよ

コロナに負けず、今後も継続希望です!

 

(つづく・・・音街かしわもヨロシク)

柏の魅力をシェアしよう!

パッパラー河合のとことん!KASHIWAマイ・ラブ

柏市出身ミュージシャン

生れも育ちも柏市の、パッパラー河合さんが、地元発の魅力を紹介します。