ホーム > Fan×Fun KASHIWA > パッパラー河合のとことん!KASHIWAマイ・ラブ > 豊四季台団地を行く~その3「名著発見!」

更新日2021年11月15日

 

Fan Fun KASHIWA

ここから本文です。

豊四季台団地を行く~その3「名著発見!」

さてさて、豊四季台団地探索の最終回です

それにしても変わったなぁ、団地内の雰囲気が

なんかね、広々としてるんですよ

1960年代の建物を建て替えて高層化されてるので

もともと敷地に余裕をもって作られてるのに

さらに余裕が生まれ、緑地や散歩道が整備され

風光明媚でモダンな感じに進化してるんですね

 

13

 

え~っとこれは「四季のみち」ですか・・・

オレと高校の同級生、馬場君が団地をウロウロしてた頃は

こんなオシャレな遊歩道はありませんでした

こんな洗練された雰囲気じゃありませんでした

大名屋敷の庭園かッ!て感じに仕上がってます

もしくは京都大原か椿山荘かッ!って感じに仕上がってます

いや~こんなイカした街で青春時代を過ごしたかったな~

それならオレも馬場君も、あんな怠惰な生活をしなかった

もっと颯爽とした青春を過ごせた

もっとイキイキとした青春を過ごせた

ウン、間違いない

オレ達が高校生の頃は完全にどよ~んとしてた

全てが昭和レトロな古~い雰囲気だった

ま、本当に昭和だったから当然ですけどね

ガ~ッハッハッハ!

 

16

 

当然ですけど街路樹もスクスク立派に育ってます

豊四季台団地造成から50年以上が経過してるので

歩道の並木も大樹に成長して緑の街になりました

イイ感じです

当時、こんな街路樹があればオレも馬場君も

あんなに怠惰な青春を送らずに・・・

いや、もうこれは言うまい!

 

すると横にいた佐々木さん(柏地域医療連携センター勤務)が

「河合さん、これが柏プロジェクトで誘致したサービス付き高齢者住宅です」と

高齢者向けの賃貸住宅の1階に様々な医療・介護の施設が

入っているそうだ

 

11

  ↑↑これがココファン柏豊四季台↑↑

 

はいはい、わかります

以前は老人ホームって、イメージが良くなかった

一人じゃ暮らせないから仕方なくホームへ・・・みたいな

でも今は違うんですよ

もっと明るくてエンジョイ型に進化してる

それぐらいオレも調べて知ってますよ~

なにせ母が93才ですからね

一通りの知識はあります、ハイ

ま、最後まで我が家で暮らせればイイですけど

ええ、オレはそうしたいです、ウンウン

 

佐々木

そうですね、でもいろんな幸せのカタチがありますから

選択肢があるってことが大事だと思います

その仕組みを整備するのが私達の仕事ですね

 

河合

さすがです、佐々木さん

佐々木さんが神々しく見えてきました

でも野口さんも言ってましたけど

柏市で、この先進的な取り組みが行われているのが

市民にあまり知られていないと・・・

それが悩みだと

でもオレ思いますけど、せっかくの行政サービスですから

知らないとソンですよね?利用しないとソンですよね?

でしょ?

 

佐々木

そうですね、高齢者はもちろん

若い方も将来のためにいざという時は「在宅医療もあるよ」という事を

知っていて欲しいですね

よろしくお願いします!

 

14

 

いや~今回は野口さん、佐々木さんありがとうございました

とっても勉強になりました

で、帰宅してから頂いた資料を読んでみましたが

この「かしわ家・在宅医療ものがたり」がよかった

資料ですけど涙なしでは読めない資料となってます

 

架空のかしわ家のおじいちゃんが亡くなって

次におばあちゃんが認知症になって・・・

「かしわ家」の奮闘が漫画でわかりやすく読めました

柏市公式ホームページ「在宅医療ものがたり」の検索で

読めると思います

名著と言えるので是非読んで欲しいです

 

よ~し!

オレも少なくともあと30年は生きるぞ~!

佐々木さん、お世話になります!

 

(つづく・・・やっぱり100才まで頑張るぞ!)

 

【令和3年(2021年)11月15日掲載】

柏の魅力をシェアしよう!

パッパラー河合のとことん!KASHIWAマイ・ラブ

柏市出身ミュージシャン

生れも育ちも柏市の、パッパラー河合さんが、地元発の魅力を紹介します。