ホーム > Fan×Fun KASHIWA > パッパラー河合のとことん!KASHIWAマイ・ラブ > やっぱりカレー!南増尾・タァバン

更新日2021年11月30日

 

Fan Fun KASHIWA

ここから本文です。

やっぱりカレー!南増尾・タァバン

突然ですけど・・・

やっぱりカレーだなぁって思うんですよ

だってカレーほど日本に浸透した外国料理ってあります?

ないでしょ?え?ある?

ピザとか、中華とか、ハンバーガーとか・・・

いやまあ確かにね、そりゃそうですけどね

今、オレの頭の中はカレーでいっぱいなんです!

カレーが食べたいんです!

 

ま、カレーもいろいろありますよね

レトルトカレー、お母さんのカレー、ソバ屋のカレー

でもやっぱり今日は本場のカレーを食べたい!ってコトで

「かしわカレー図鑑」の編集長、波木(ハキ)さんに電話した

 

河合「南増尾のタァバン、行ったことないんだけど美味しい?」

波木「ハイ、あそこは美味しいですよ!安いし人気店です!」

 

なるほど

柏カレー事情なら波木さんに聞けば間違いない

なにせ「かしわカレー図鑑vol.5」が

「日本地域情報コンテンツ大賞2021」の

「グルメ&クーポン部門 優秀賞」を受賞したらしいのだ

ちなみにエントリー媒体は244!そこから選ばれた

いいぞ!これは快挙だ!素晴らしいニュースだ!

柏がカレーの街として有名になっていくぅぅぅ!

 

1

波木香里さん(41才)は柏三小・柏二中出身、生粋の柏っ子

 

さあ、そんなワケでやってきましたタァバン南増尾店

今日はすんなり座れたが、いつもはかなり混んでるらしい

店内はインドグッズに溢れて雰囲気満点の本場仕様

料理人はインド人ではなくネパール人らしい

インド料理屋はこのパターンが多い

まあどちらの国でも本場仕込みなのは間違いない

これは期待できるぞ!
​​​​​​

6

 

さてと、何を注文しようか

なんとサービスランチが698円!?安いぞ!

オレは初めてのお店では一番ベーシックな一品を注文する

蕎麦屋で言えばザルそばを頼んで

蕎麦本来の味を堪能する、その理屈である

よし、オレは豆カレーとナンのセット698円を注文するぞ

波木さんも同じ品を注文したが

「ナンは、バター無しでお願いします~」と店員に伝えていた

バターなし?何故だ?波木さんに聞いてみると

ナン本来の味を堪能するため、バター抜きだそうだ

さ、さ、さ・・・さすがだ!さすがカレー図鑑の女!

これは蕎麦屋で言えば、麺つゆを使わないと同義である

なんてストイックなのだろう

さすがカレー図鑑・編集長である!

まさにカレー道の求道者と言えるだろう

 

3

 

やってきました豆カレー

クゥゥ・・・むちゃ美味しそう!イタダキマ~ス!

ナンをちぎってカレーに浸して・・・パクリッ

うおぉぉぉ!本物ッ!まさに本物のカレーぞ!

ちぎって、浸して、パクッ!ああ幸せ

クンクンッ・・・う~ん、なんてスパイシー!

いったい何種類のスパイスが使われているのだろう

このカレー粉を使わないで作るカレーって

インド・ネパール人の専売特許ですよホント

生まれ持った才能ですよホント

言うなれば、お刺身や味噌汁は日本人の料理人に限る

みたいなもんです

 

それにしてもナンも美味しいなぁ・・・モグモグ

窯にペタって張り付けて焼くアレね

698円で、こんなに美味しくていいの?

やっぱり料理は値段じゃないよな~モグモグ

モグモグ・・・モグモグンっ!

うん、お腹いっぱいです、御馳走様~!

 

波木さんによると

柏は着実にカレーの聖地になりつつあるらしい

元々、カレー屋が多いなと思ってたけど

コロナで家賃相場が下がって新規出店も増えてるそうだ

へぇ!へぇ!へぇ!それは意外な展開だ

カレーの街と言えば神田が有名だけど

柏もカレーの食べ歩きが十分に出来ると思う

カレーの街・かしわ

う~ん、いい響きだ、夢のような街だ

さあカレー探求の旅(柏市内)に出るか~!レッツゴ~!

 

(つづく・・・最近は辛口がキツイです)

【令和3年(2021年)11月30日掲載】

柏の魅力をシェアしよう!

パッパラー河合のとことん!KASHIWAマイ・ラブ

柏市出身ミュージシャン

生れも育ちも柏市の、パッパラー河合さんが、地元発の魅力を紹介します。