更新日2022年5月9日

 

Fan Fun KASHIWA

ここから本文です。

コーヒープラザ 壹番館

柏・髙島屋に入店すると心拍数が上がってしまう

きらびやかな商品、ハイセンスな飾りつけ

明らかに店内が華やかな雰囲気に満ちているからだ

それがオレをたじろがせる

だがしかし!このハイソな感じを味わうのが好きだ

 

銀座のデパートでお買い物もイイだろう

だがオレからすると銀座はあまりにも敷居が高い

上流階級以外は入店お断り!とは書かれてないが

そんな不文律があるに違いない!とひがむオレなのだ

なので日本橋・髙島屋なんて怖くて入れない

心のドキドキを周囲に悟られたらどうしよう?

田舎者と思われたらどうしよう?

いや大丈夫、ハイセンスおじさんに見えてるハズ・・・

でも内心、オレを笑ってるかもしれない・・・

日本橋・髙島屋で心の平静を保つのは不可能だ

こんな気持ちで買い物なんて出来ない!

 

だからオレは柏・髙島屋が好きだ

ハイソと気軽さが同居している

そんなワケでGW中、オレは柏・髙島屋に出かけた

目的地は「髙島屋 カフェ」で検索したら出てきた

コーヒーパーラー壹番館である

 

GW中の髙島屋は混雑していた

みんな遠方の観光地に行かないで近場でお買い物だ

これは正しい選択だ、地域経済を活性化するぞぉ!

髙島屋は今時、店の入口に総合受付がある

いや~丁寧だな~さすがハイソである

オレ「コーヒーパーラー壹番館はどこですか?」

案内「まっすぐ進むと階段が御座いまして下りたところで御座います」

いやいや、ウグイスのような声で御座いますとか言われちゃうと

左様で御座るか、かたじけない!と返答したくなるのでござる

 

001

 

ココだ!さっそくオレは店内へ

昔ながらの喫茶店って感じだが調度品や建具が明らかに高級だ

内装にお金かけてます~って感じで、オレの心拍数も少し上昇

そして店内はかなり広いが、ほぼ満席状態

いやいや、混んでるじゃないの~商売繁盛素晴らしい

さてと、何を注文するかな・・・

お!プリンアラモードがあるぞ!いいね~昭和だね~

1,480円か・・・結構イイお値段だが・・・

おね~さん!プリアラください!

店員「ウォホン・・・ハイ、かしこまりました」

いや~店員さんの口調や対応が上品ですハイソです

こりゃ~相当の伝統と格式がある喫茶店に違いない

オレは聞いてみた「ここは創業して何年ですか?」

店員の女性は堂々と「創業48年でございます」と答えた

おお!ってことは柏・髙島屋開店時からズ~ッと営業中か

そして、その口調から

「我々はスタバとかのポッと出のカフェとは違うのです」

という気概が感じ取れる

 

うむ、確かにその通りだ

見回すとお客さんも上品なマダム系が多い

上階で呉服を買って帰宅前にお茶でも・・・って感じだろう

で、「さだ吉や、クルマを正面に回しといておくれよ」

なんて執事に命令するんだろう、そうに違いない

なんか明治の鹿鳴館にでも迷い混んだ気分になってきた

そう、ここは上流階級の社交場なのだ

 

002

 

と妄想していたら・・・プリン・ア・ラ・モード!キタァァァァァ!

いや~久々にプリアラを食べる気がする

子供の頃、上野・松坂屋の大食堂で食べた以来かもしれない

昭和カムバ~ック!ではイタダキマス

まずはプリン・・・お?固いぞ!伝統の蒸しプリンだ!

うん、美味しい、プリンとしているな、ハ~ッハッハッハ!

そしてメロン、黄桃、パイナップル、サクランボ、リンゴ

ホイップと一緒に食べると美味しさ倍増、素晴らしい

アイスクリームは・・・濃厚!これは高級バニラ、間違いない

最下層にはコーンフレーク、これすら高級な感じがしてきた

これぞ・・・髙島屋ハイソマジック!

 

003

 

いや~美味しかった

なにせ、スプーンとフォークも金色ですからね、ハイソです

やっぱり髙島屋は別世界、いつもと違う時間が過ごせますね

サンプラザ中野くんのお母さんが

「ワタシね、柏の髙島屋が大好きなのよ」

って言うのもわかります、ハイ

♪真っ赤なバラの包みはきっと髙島屋だね~

 

(つづく・・・髙島屋カフェを全制覇するぞ!)

【令和4年(2022年)5月9日掲載】

柏の魅力をシェアしよう!

パッパラー河合のとことん!KASHIWAマイ・ラブ

柏市出身ミュージシャン

生れも育ちも柏市の、パッパラー河合さんが、地元発の魅力を紹介します。