更新日2022年6月13日

 

Fan Fun KASHIWA

ここから本文です。

ジモトワカゾー野菜市

柏市のストロングポイント、それは実は農業ではあるまいか

音楽、ラーメン、子育て、いろいろアピールポイントはありますよ

でも柏市は、そこそこ大きな街なのに中心市街地から少し離れると

意外にもたくさん農業が営まれているんです

これを活用しない手はないですよ、でしょ?

昭和の時代、農業は人気がなかった

でも令和の今、農業が脚光を浴びている

よし!柏を「ネオ農業シティー」として売り出しましょう!←安易

 

そんなワケで先日「ジモトワカゾー野菜市」に行ってきました

これは柏駅前通り~柏神社境内で不定期に開催されるイベントで

まあ、縁日の出店みたいのがズラ~っと並んでるんです

で、地元の野菜とかその関連商品を売ってるんです

一口に農業と言ってもイロイロあるんだなぁと思いましたね、ハイ

 

その1~柏市大青田の花農家

5

「花が好きじゃないと出来ない商売です」

そう笑顔で語ったのは柏市大青田で花を作っている内海さん(48)

彼女は20年前、千葉市から柏の花農家に嫁いできた

元々、旦那さん(田中北小出身)が花が大好きで花農家をしていた

それを手伝ううちに自分も花が大好きになった

「だってワタシの旦那さんが大好きな花づくりですからね」←ノロけ

と幸せそうに語る内海さん

言葉の端々から無茶苦茶に夫婦仲がイイんだなとわかります

まあね、憎みあってる夫婦が育てた花は買いたくないですよ、ハイ

6

↑この花はワタシです・・・じゃなくて・・・

この花が現在、我が家でキレイに咲いてます

内海さん「花は癒されますね、ホントに」

疲れた心に内海さんの花、確かに効き目ありますね

オレ「ところで花農家って儲かるんですか?」

すると冒頭の「好きじゃないと・・・」って答えが返ってきました

まあでも「儲かるか?ウシシ、ガッポガッポの濡れ手に粟ですよ!」

って言う花屋さんもイヤだな~難しいもんですね

 

その2~新聞記者→農家

7

松本さん(74才)は日経新聞の記者としてバリバリに働いてた

たぶん日本の高度成長期と共に生きてきた

そして定年退職 選んだのは麦作り

それまで歩んだ人生のノウハウとは全然関係ない麦作り、そしてこの笑顔

松本さんは人生を達観しているように見える

オレ「なんで麦なんですか?」

松本さん「体にイイのよ、血糖値も下げるしね、ウンウン」

なるほど・・・そう語る松本さんは幸せそうだ

8

もち麦は白米に混ぜて炊く 麦1 対 米9 推奨である

これで健康になれる すごい人気で、いつも売り切れるらしい

オレが話を聞いている間も、リピーターらしきお客さんがお買い上げだ

「柏たなか農場のもち麦は輸入もち麦とは違います」と書いてある

もち麦を食べたことがないので、何がどう違うのかオレにはわからない

でも松本さんの笑顔を見てると、健康になることは間違いない!

そう思えるのであった

 

その3~アスナロ農園(野田市)で有機農業

3

有機農業のアスナロ農園で働く西村さんは

18才のとき青森から上京して鉄工所で働いていた

でも10年前、目を患って鉄工所で働くのが難しくなって辞めることに

そして出会ったのがアスナロ農園

農薬や化学肥料を使わない野菜は人気がある

西村「自然栽培なので体に優しいんですよね~」

ほうほう、なるほど、オレも健康にはウルサイんですよ

どうせ食べるなら、より自然に近い食べ物がイイ気がします、ハイ

4

アスナロ農園はお隣の野田市にあるんですけど

柏イオン、モラージュ柏でも販売してるそうです

さあ、みんなで健康になろう!

 

その4~農家と繋がるお菓子屋さん「はちめもわーる」

00

山口県出身、林さん(25才・写真撮り忘れました)はパティシエだ

どうしてもパティシエになりたくて山口県から柏へ

柏に2年住んで、今は市川市に住んでいる千葉っ子だ

彼女は農家さんが大切に育てた食材を使ってお菓子を作っている

この日はパウンドケーキ、クッキー、フィナンシェ

すべて林さんの手作りお菓子を販売していた

ほう・・・どれも美味しそうだ・・・ゴクリ

人気なのは「米粉の雪塩みるくクッキー」らしい

22

どれどれ、イタダキマス!モグ・・・美味い!甘さが優しい

なんですか、この雪塩ってのは!さすがですね林さん

彼女はパティシエを「目指して」いると言う

オレからすれば既に立派なパティシエだと思うんですけど

まだまだ、より高みを目指して、夢半ばってコトらしい

なんて立派で謙虚な若者なんだ!若い時のオレに見せたい!

まあでも、まだ25才、叶えたい夢は山ほどあるんでしょう

どんどん美味しいお菓子を作ってください!

 

いや~楽しかったです「ジモトワカゾー野菜市」

これ、毎月やればイイんじゃないの?

と、主催者のストリート・ブレイカーズ(ストブレ)に言ったら

「無理ですよ~一回やるだけでも大変なんですよ~」だそうだ

なるほど、確かにオレが毎年出演する音街かしわもストブレ主催だ

ストブレのみんなはボランティアなので

まあ大変なんだろうなぁ、お疲れ様です

次回の開催は秋ぐらいかなぁ・・・ヨロシクです!

 

(つづく・・・来週は手づくりての市の様子です)

【令和4年(2022年)6月13日掲載】

柏の魅力をシェアしよう!

パッパラー河合のとことん!KASHIWAマイ・ラブ

柏市出身ミュージシャン

生れも育ちも柏市の、パッパラー河合さんが、地元発の魅力を紹介します。