ホーム > Fan×Fun KASHIWA > パッパラー河合のとことん!KASHIWAマイ・ラブ > カレーが美味しい「カシワ・アジアン・ダイニング」

更新日2022年6月27日

 

Fan Fun KASHIWA

ここから本文です。

カレーが美味しい「カシワ・アジアン・ダイニング」

また柏に新しいカレー屋が開店したという

しかも美味しいとの噂だ

それをオレが黙って見過ごせるワケがない、断じてないッ

なんたってオレは幼稚園の臨海学校でカレーを3杯食べて

先生に「河合君はカレー王子だね」とまで言われた園児である

なんたってオレはボンカレーを常温のまま袋から吸い食べして

友人に「オマエはカレーなら何でもいいのか!」と罵られた男である

つまり、これだけは確実に言える・・・

カレーがあるから生きていける!(キリッ)

 

昨日は柏駅西口でゴミ拾いイベントに参加した

カシスポでお馴染みのアッキーと柏市長・太田さんも一緒だった

オレ「今日は疲れたな・・・美味いカレー屋に行こうぜ!」

2人「イクイク~!カレー大好き~!」

うむ、実にノリがイイぞ

きっと2人も臨海学校でカレー3杯食べたクチだろう

そんなワケで早速、オレ達は噂のカレー店へ向かった

 

カシワアジアンダイニングは今年の1月にオープンした

経営しているのはネパール出身の小栗姉妹(松戸在住)だ

「モウ日本ニ8年スンデマス、ソロソロ店ヲ経営シタカッタデス!」

だそうだ、小栗さんは日本語がヒジョーに上手である

きっと猛勉強したに違いない、スゴイなぁ・・・

小栗さんは既に日本に帰化しているので苗字も日本名なのだ

 

2

 左から小栗さん(姉) 小栗さん(妹) シェフ歴35年のナレンドゥラさん

 

さてさて何を注文しようか?

ネパール料理と言えばダルバートだよな~

でもさ~ベタにバターチキンも食べたいしさ・・・迷うな~

でもせっかくのネパールだしな・・・「ネパール本場セットください!」

小栗さん「カシコマリマシタ~!」

 

02

 

おおおお!もうね、香りからして全ッ然違いますよ、ハイ

臨海学校のカレーとは比べ物にならない!これぞネパール!

それは当然だろう?そもそも日本のカレーとは別物だろう?

まあまあ、そう言わないで、気分高揚中なので、エエ

そして香辛料はネパールから取り寄せているらしい

フムフム、やっぱりな、そうだと思った!(適当)

で、アッキーと太田さんは何を注文したんですか?

 

03

 

おおお!アッキーはダルバートと何か、太田さんは野菜カレー&バターチキン

ああ、オレもそっちにすれば・・・いやいや初志貫徹だ!

それにしても2人とも幸せそうな顔してます

食べるコト好きなんだろうな~ではイタダキマ~ス!

 

まずはナンをちぎってダルバートにひたす・・・そしてバクッ!

こ、こ、コレは!!こんなカレー食べたことない!

鼻が、鼻腔が、口腔が喜んでいるゥゥゥ!

いままで、それなりにネパール系のカレーを食べてきた

その中で一番、鮮烈であり、そして洗練されているゥゥゥ!

パクパク・・・美味い、美味いぞ、止まらないぞ

アッキー、そっちはどう?2種類あるよね、美味しい?

「ホッント美味しいんですけどぉぉぉ!なにこれ~!」

若干興奮状態だな、目がギラギラしているぞアッキー!

太田さん、バターチキンどう?美味しい?ほんとに?

「食べ慣れたバターチキンですけど新鮮に感じます!美味しいです!」

へぇへぇ!でも市役所から昼休みに食べに来るには遠いかなぁ・・・

 

それにしても2人のこの反応である、忖度ナシである

ナレンドゥラさんは天才シェフだ!

漫画『包丁人味平』のカレー将軍こと鼻田香作の再来だ!

え~っと、ナレンドゥラさん

以前はどこで働いてたんですか?埼玉の春日部?

なるほど・・・春日部は大きな宝物を失ったな!

でも東武線で柏に食べに来ればいいのか、うんヨカッタ

小栗さん「ナンハ食ベ放題デスヨ~」

ホントに?なんて太っ腹なんだ!小栗さん太っ腹の意味わかる?

わからない?いやいや、いいんですよ別にね

ふぅ・・・美味しかった!いやホント、美味しいと幸せが訪れる

今オレ達3人は幸福感に満たされているゥゥゥ!

御馳走さまでした

 

こんな美味しい店に繁盛して欲しい

小栗姉妹とシェフの笑顔もステキだ

だけど店の入り口がわかりづらいんです

 

6

 

西口から徒歩7~8分、横道に入って、ビルの2階にある

知らないと、ココまではなかなか歩いてこない場所

でも美味しいからリピーターがどんどん増えるだろう

それにしてもなぜ日本名が「小栗」なのか

俳優、小栗旬さんのファンなのだろうか?

こんど尋ねに行きます!

 

(つづく・・・ナンは1枚でお腹いっぱいナンです)

【令和4年(2022年)6月27日掲載】

柏の魅力をシェアしよう!

パッパラー河合のとことん!KASHIWAマイ・ラブ

柏市出身ミュージシャン

生れも育ちも柏市の、パッパラー河合さんが、地元発の魅力を紹介します。