更新日2022年10月3日

 

Fan Fun KASHIWA

ここから本文です。

おわかりいただけただろうか?

何気なく撮影した写真

そこに、ありえないモノが写り込んでいたとしたら・・・

それでは、まず↓↓この画像↓↓を見て欲しい

 

1

 

おわかりいただけただろうか?

この写真、前方に一羽の雀が写り込んでいる

ここは柏駅東口の二番街商店街、滅多に雀はやってこない

では何故?

雀のお宿に案内してくれるとでも言うのだろうか?

それではもう一度・・・

 

2

 

やはり雀である

観察していると、前方のマクドナルドの近辺をうろついている

なるほど!この雀は頭がいいぞ!

おそらくこうだ

マックのお客さんがハンバーガーを食べる

するとパンのクズが下に落ちる

チュンチュンチュン!(そらキタ!食料ゲットだぜ~!)

きっとコレに違いない

 

最近は雀の数も減ったらしいが

オレが子供の頃は毎日、庭に雀が来ていた

雀が来ると家で飼っていたインコの餌を庭にまく

すると雀はチュンチュン(食料キタァァ~!)と次々にやって来る

それが楽しくて、さらに餌を撒く

するとさらに雀がチュンチュンチュ~ン!(食い放題キタァァ~!)

と言いながら、すごい勢いで集まってくる

ドコに隠れてたのさ?ってぐらいに来る

たぶん柏市の雀連合に緊急召集令が出た

チュン!チュン!チュチュチュン!

(緊急連絡!現在河合宅の庭で食料大放出中~!!)

もう雀は大興奮のお祭り騒ぎ、食って食って食いまくれ~!

 

オレは当時、子供だったので自制が効かない

もう水戸泉の塩撒きかよってぐらいの勢いで餌を撒く

雀もスゴイ勢いで餌を食べる、どんどん食べる

当然、スグにインコの餌はなくなってしまう

だが雀はどんどんやって来る

だがもう餌は無い

雀はオレの目を見て苦情を言う

チュンチュン!(もう終わりかよ!みんな期待してるんだよ!)

そう言われても・・・追いつめられるオレ

 

ハッ!

突如オレは閃いた

「そうだ!生米をあげればイイんじゃないか?」

オレは台所から生米を持ち出してザーッと庭にまく

雀はチュンチュン(お米キタァァ~!)と大喜びだ

しかしそれを見た母親

「靖夫ちゃん(本名)!何してるの!お米はダメよ!」

とオレをたしなめた

 

~米の一粒一粒に、お百姓さんの魂が込められている~

 

それが農家育ちの母親の口癖だった

そしてあの、数十年前の雀米撒き事件以来

オレの中で生米は神聖なものとなったのである

なのでハトやコイに餌をあげる時は

ポップコーンとか食パンとか・・・

まあ大事じゃない食べ物なんてないのだが

米だけは何となく後ろめたい気分になるのである

 

ところで・・・雀は義理堅いときく

舌きり雀の話でも優しいおじいさんに宝箱をくれた

もしや・・・この二番街の雀は!?

オレが子供の頃、米をあげた雀の子孫ではなかろうか?

そして「あの時のお礼です~」なんて感じで

オレに宝箱をくれるのではなかろうか?

確か、大きな宝箱、小さな宝箱、好きな方を選べってヤツだ

欲を出して大きな宝箱をもらっちゃいけない

そう、小さな宝箱にこそ本当の宝が入っているのだ

フフフ・・・抜かりはない!小さな宝箱を選ぶぜ!

 

イカン、すでにオレは本当の宝とやらを欲しがっている

もうオレは欲にまみれているではないか!

雀さんスミマセン、強欲なオレがいけなかった

子供の頃のオレは宝が欲しくて米を撒いたワケじゃない

そう、いつの間にかオレも純粋な心をなくしていたんだ・・・

そんなワケで雀さん、今回は何も要りません、どうぞお帰り下さい

すると雀は何も言わず、二番街から去っていったのでした

おしまい

 

う~んイイ話だなぁ

こんな素敵な体験が出来る柏二番街で、さあお買い物!

これからも柏二番街をヨロシクお願いします(宣伝)

 

(つづく・・・暑さ寒さも彼岸までのハズなのに暑いなぁ)

柏の魅力をシェアしよう!

パッパラー河合のとことん!KASHIWAマイ・ラブ

柏市出身ミュージシャン

生れも育ちも柏市の、パッパラー河合さんが、地元発の魅力を紹介します。