更新日2022年9月12日

 

Fan Fun KASHIWA

ここから本文です。

コシヒカリ in 柏

ミステリー映画が好きなんです

物語の序盤に張られた伏線を次々に回収していく

これがね、実に気持ちイイんですよ

でもね、それはナイだろ!って許せない作品もあります

それは「伏線が回収されない」映画やドラマなんです

オイオイ、あの伏線は放置かよ!って思うわけですよ

アメリカの大ヒットドラマ「LOST」が大好きでシーズン3まで見ました

でもシーズン1で語られてた謎の数列「4815162342」

これが最後まで放置されて、なんか無かったコトになってます

ど~ゆ~コトなんだ!回収してくれ!

 

なんて無責任なコトを「とことん柏マイラブ」は絶対に致しません

一度やり始めたことは最後までやり切ります

顧客満足度ナンバー1を目指しておりますッ!

 

みなさん覚えてますか?

今年の春、ワタクシは田植えをしました

その田んぼが、収穫時期を迎えたのであります!ジャジャ~ン!

さあ収穫するぞ!伏線回収です!

 

↓コレ↓が田植えの写真(さえぽんと一緒に) 右上が山崎さん(田んぼの主)

1

 

それが4か月半で↓こんなに立派に育ちましたッ↓(今回はアッキーと)

2

 

いや~見事に米になっております

柏の大地、柏に降り注いだ太陽の恵みを感じますね・・・めッ!

失礼、これは「め組のひと」でしたね、ハッハッハッハ

ちなみに品種はコシヒカリであります

さてさて、さっそく稲刈りの開始です

 

3

 

ザクザク・・・

まずは、稲刈り機(コンバイン)では刈りづらい周辺だけ鎌で刈り取ります

やってみると意外と簡単です、力もそんなに要りません、楽チンです!

それもそのはず、ほんの2~3分しか働いてませんから疲れません

ちょっと刈り取ると、なんか稲刈りを満喫した気分

多分、農家さんの苦労や有難みの1億分の1も理解してません

本番はまだまだこれから!

 

4

 

ブォォォォォォ~!

いきなりコンバインを操縦しております!ブォォォォォォ~!

さすが文明の利器であります、簡単に稲刈りが進行します

まあ、山崎さんが懇切丁寧に指導してくれるからですけどね

田んぼでコンバイン操縦には資格や免許は必要ないそうです

ちなみにお値段は1台約400万円!

なかなか高価なので共同で所有しようとしても

収穫時期がほぼ同じなので難しい、結局一家に一台ってなるそうです

このコンバインは25年使ってるそうです

あと15年使えば年間10万円、なんとなく元はとれそう

 

5


​​​​​​ワーワーキャーキャー言いながらもコンバインは働き続けます

多少の失敗は山崎さんにフォローして頂き、気が付けば稲刈り終了

この田んぼ1枚で約150キロ、収穫できるそうです

 

↓そしてコンバインからトラックにモミを移します↓

6

 

↓5月に植えた苗がこんな立派になりました↓

7

 

今回は山崎さんの娘さん、その旦那さん、お孫さんも見学に来てて

少しだけ稲を刈り取りましたが・・・

娘「稲刈りは人生で2回目です、テヘッ!」

旦那さん「人生初です、ムフッ!」

いや~農家の娘さんなのに稲刈り経験がないんですね

一家総出で収穫だ~!ってのは昔の話なんでしょう

もちろん幼稚園児のお孫さんは人生初の稲刈りであります

 

↓お孫さんに稲刈りの秘技を伝えるオレ↓

8

 

そんな感じで和気あいあいと稲刈りは終了

柏で美味しいコシヒカリが育ってるんだなぁと感激です

山崎さんに話を聞くと、柏では畑や田んぼが休耕地になったり

農家の後継者がいない~みたいなコトにはなってないようです

ただ、新規の稲作農家ってのはいないそうです

作付面積が一定以上ないと農家として登録できないとか

いろいろあって米作りはハードルが高いらしい

まあ、苺とかブドウとか梨とか

そんなに耕地が広くなくても収益が出る品種が人気なんでしょう

よし!オレもシャインマスカットつくったろか!

ガ~ッハッハッハ!

 

いま山崎さんは61才、オレと同い年ですね

米作りに引退はありませんから

いつまでも柏で米作りが出来るよう元気で頑張ってほしいです

オレもあと20年は頑張りますよ!ハッハッハ!

 

(つづく・・・オヤジパワー恐るべし)

【令和4年(2022年)9月12日掲載】

柏の魅力をシェアしよう!

パッパラー河合のとことん!KASHIWAマイ・ラブ

柏市出身ミュージシャン

生れも育ちも柏市の、パッパラー河合さんが、地元発の魅力を紹介します。