更新日2023年1月4日

 

Fan Fun KASHIWA

ここから本文です。

河合家の食卓~正月編

明けましておめでとうございます

新年早々ですが、実はワタクシには姉が居ます

秘密にしているワケではないですが、3歳年上の姉が居ます

もちろんオレと同じ、柏小、柏中出身、生粋の柏っ子であります

姉は現在65歳ですけど、おかげさまで元気です、すこぶる元気です

いまだに柏から新宿御苑前まで通勤して仕事をしてます、いや~元気です

 

さて、そんな姉と昨年末に話をしていまして

今年の正月、おせち料理はどうする?ってコトになりました

母親はもう94歳、おせちを作るのは面倒だと言う

「じゃあワタシが通販で買うわ~」と姉

そりゃ~手間が省けてイイ、ありがたい

 

おせち料理はあくまで正月の添え物である

正月気分を盛り上げる演出であり、様式美なのである

形だけでいい、質素でもいい、小さくてもイイ、あるだけでいいのだ

「そんなにたくさん食べないからミニおせちでいいよ」とオレ

「そうだね、お母さんも小食だしね」と姉

 

元日の昼過ぎ、オレは柏の実家へ

さてさて、通販のミニおせちってどんな感じだろう?

オレの予想では崎陽軒のシウマイ弁当ぐらいのサイズ

伊達巻き、くりきんとん、紅白のカマボコ、煮物が少し

ま、そんな感じだろうな、1200円の駅弁ぐらいってイメージ

そしてオレはテーブルを見て仰天した

これがミニおせち?

 

1

 

豪華3段お重じゃないか!全然ミニじゃねぇ!

姉「なんかよくわからないけど、これが送られてきた・・・」

姉は通販業者に3000円ぐらいのおせちを複数、注文したようだ

すると業者は受注間違いした~!配送間違いした~!と連絡してきて、結局

業者「ご迷惑おかけしました、このおせちは無料で差し上げます」

ってコトらしい、相当混乱しているようだ

 

そんなコトもあるんだな~業者さんも正月早々大変だな~

でも親切で丁寧な業者さんでヨカッタな~

なんて言いながらオレ達はおせちを食べ始めた

上の写真は食べ始めて30分ほど経過している

しかしほとんど減ってない・・・なぜか?

それはおせち料理の前に寿司を食べたからである

 

繰り返しになりますけど、昨年末に姉と話していまして

お正月は何を食べる?ってコトになりまして

オレ「寿司がイイなぁ、でも少しでいいよ、お母さんも小食だし」

ってコトになったんですね

姉「わかった、じゃあ銚子丸に頼んどくよ~」

オレ「ホントに少しでいいよ、オレは大トロさえあればイイや」

 

元日、姉は国道16号線沿いの銚子丸へ

そして年末に注文しておいた寿司を持ってきた

さてさて、どんな寿司だろう?

たぶん酔っぱらった父親が「おみやげ買ってきぞ~!」

なんてぶら下げてる助六寿司に毛の生えた程度のヤツだろう

崎陽軒のシウマイ弁当のシウマイが大トロになってるイメージ

だが姉の持ってきた寿司は↓コレ↓だった

 

2

 

豪華じゃね~か!だから、こんなに食べられないってばさッ!

姉「大トロが入ってるのは、このセットだけなんだよね」

そっか・・・じゃあオレが悪いな、スマン

俺たちは一心不乱に寿司を食べ続けた

結局、寿司は食べ残してしまい、お互いに持ち帰ることに

そして「さあ、おせちを食べますか・・・」となったのだが

もうおなかパンパンです、食べられません!

 

でもね、寿司、おせち、雑煮、全~部美味しいんですよ

残すのもね、もったいないですからね

一生懸命食べました、3日かけて全部食べました、ハイ

1月9日(月曜日)には牛久マラソンがあります

それまでにはダイエット、頑張ろうと思います

それでは皆さん、今年もヨロシクお願いします!

 

(つづく・・・本日走り初めします!)

【令和5年(2023年)1月4日掲載】

柏の魅力をシェアしよう!

パッパラー河合のとことん!KASHIWAマイ・ラブ

柏市出身ミュージシャン

生れも育ちも柏市のパッパラー河合さんが、地元発の魅力を紹介します。