ホーム > Fan×Fun KASHIWA > ぐる~っと手賀沼 > 【156号】旧手賀教会堂を訪ねて

更新日2021年4月23日

 

Fan Fun KASHIWA

ここから本文です。

【156号】旧手賀教会堂を訪ねて

リニューアルされた旧手賀教会堂

青空がまばゆい令和3年4月15日、手賀曙橋駐車場に車を停め、手賀川沿いを散策しながら、水道橋を右折し平和公園共同墓地横の坂道を上がると、そこに旧手賀教会堂があります。専用駐車場もあり見学しやすいようになっています。リニューアルされた旧手賀教会堂を訪ねてみました。首都圏に現存する教会堂としては最古のもので、柏市指定史跡、県の指定文化財になっています。

1
案内板も新しいですね、


なんと、柏市が1年3カ月、5000万円をかけて茅葺ほか内部もしっかりリニューアルされたそうです。
本当にきれいになりました。全体風景は、最後の動画をご覧いただくとして、一部内部をご覧ください。


手賀沼周辺を布教してたんですね。

日本初の女性イコン(聖母)画家「山下りん」の複製画もあります。
2


機密の晩餐

3 4

聖母マリアとキリスト

横から見た旧手賀教会堂。しっくいの白い壁に設けられたガラス窓は上部がアーチ型で、桟が十字架のように交差している。教会堂らしい雰囲気が伝わってきます、

ここから15分程度のところにある、手賀ハリストス正教会(現在の手賀教会)も訪ねてみました。


ここに、山下りんの3枚のイコン画が掲げられているようです。
それでは 画面いっぱい拡げて、旧手賀教会堂の内部を動画でご覧ください。

 

それでは今回は、この辺で

柏の魅力をシェアしよう!

ぐる~っと手賀沼

執筆者:kuma3(くまさん) 千葉県柏市在住。

柏市南部、主にカシワニの棲む手賀沼を中心として自然の魅力をぐる~っと紹介していきます。カシワニの棲むあなたの知らない柏の魅力を新発見!