ホーム > Fan×Fun KASHIWA > ぐる~っと手賀沼 > 【157号】戸張正光寺の藤

更新日2021年4月30日

 

Fan Fun KASHIWA

ここから本文です。

【157号】戸張正光寺の藤

見上げる藤棚

手賀沼にほど近い柏市戸張地区。そこに正光寺というお寺さんがあります。手賀沼ウォーキングのついでに立ち寄ってみました。意外と知られていませんが、東葛印旛大師での19・42番目の札所にもなっています。常駐の住職はおらず、普段はひっそりとしています。

墓地から本堂に降りる石段には、見事な藤棚が設けられており、澄み切った青空を背景に、藤がきれいに浮かびあがっていました。この藤の後ろには、ツツジが植栽されており、5月の連休あたりにまた訪れてみたいと思っています。よく管理されてますね。

fuji1

fuji2

青空に映えてます。

fuji3 

fuji4
全体を見渡す動画もご覧ください。


みなさんも訪れてみませんか。日体大柏高校の近くです。

 

さて、ぼつぼつ、手賀沼干拓地も田植えの時期を迎えます。干拓地には、手賀沼の水を泉揚水場からポンプで手賀の丘公園近くの貯水槽に引き上げられ、そこから自然の落差を利用して、各干拓地に送られていきます。ここは大津川の近く柏市大井地区の風景です。

suiden
動画をご覧ください。

こうやって各地区の用水の蛇口が開かれ水が供給されています。
このような風景を見るたびに、「水って本当に大切だね」と思ってしまいます。
今年もコロナ禍での5月連休ですが、ホームスティで頑張りましょう。

それではこの辺で。

 

 

柏の魅力をシェアしよう!

ぐる~っと手賀沼

執筆者:kuma3(くまさん) 千葉県柏市在住。

柏市南部、主にカシワニの棲む手賀沼を中心として自然の魅力をぐる~っと紹介していきます。カシワニの棲むあなたの知らない柏の魅力を新発見!