ホーム > Fan×Fun KASHIWA > ぐる~っと手賀沼 > 【第161号】マコモタケの田植え風景

更新日2021年6月4日

 

Fan Fun KASHIWA

ここから本文です。

【第161号】マコモタケの田植え風景

マコモタケの田植え風景

5月を過ぎると、手賀沼干拓地の田園風景も田植えが終盤を迎え、いよいよ夏が来るなという感じがします。ほとんどが、トラクターで苗代づくりをし、田植え機であっという間に田植えが終了します。
そんな中で、手作業でしかできない作業があります。マコモタケの田植え作業です、今回はその模様をお伝えします。この日は令和3年5月9日、もう1か月も過ぎてしまいましたね。

マコモタケ圃場(浜嶋静さん所有)の面積は約3反(900坪、3000平方メートル)あり、手賀沼自然ふれあい緑道、戸張新田地籍の見晴台近くにあります。
c e
手賀沼が一望できるこの場所は、手賀沼眺望のベストスポットでもあります。
d
この芝生の向こう側がマコモタケ圃場です。

5月9日、いよいよ田植えが始まりました。この日は、快晴にも恵まれ、「柏市コミュニティ植物医師の会」の方々10数名が活動に参加していました。もう何年もここでボランティア活動をされているそうです。手作業でしかできない田植え作業には、強力な援軍ですね。

j f
育成場所から丹念に苗を引きぬき、号令を掛けながら、横1列になって植えていきます。

k l
腰が痛くなりそうで、大変な作業です。
b a
植える場所をマークした長いロープを両側に張って、定位置に効率よく植えていきます。
h
上空から見ればこんな感じでした。

マコモタケは、1年間を通して
2~3月の株の野焼き
4~5月のトラクターによる苗代づくり
5月の田植え
5~7月の除草
9~10月の収穫と年間を通しての作業なんですね。

i
きれいに田植えができました。
この日は、2種類のマコモタケを約1200株植えたそうです。

それでは実際の作業をスライドショーと動画でご覧ください

【マコモタケ田植空撮スライドショー】

【マコモタケ田植風景】


最後に
このマコモタケは中華料理の高級食材として、9月末ごろから
柏市農産物直売所「かしわで」、道の駅しょうなんで購入することができます。
楽しみですね。こんなPOPが出ていましたら、これがマコモタケです。

makomo
それでは今回はこの辺で。
 

柏の魅力をシェアしよう!

ぐる~っと手賀沼

執筆者:kuma3(くまさん) 千葉県柏市在住。

柏市南部、主にカシワニの棲む手賀沼を中心として自然の魅力をぐる~っと紹介していきます。カシワニの棲むあなたの知らない柏の魅力を新発見!