ホーム > Fan×Fun KASHIWA > ぐる~っと手賀沼 > 【183号】桜咲くスイセン咲く

更新日2021年11月25日

 

Fan Fun KASHIWA

ここから本文です。

【183号】桜咲くスイセン咲く

【183号】桜咲くスイセン咲く
今回は、きれいな花の話題をどうぞ。11月もまもなく終了。急に寒くなりましたね。
どこも紅葉が真っ盛りで、銀杏の木も目を楽しませてくれています。
1
ここは筆者宅の近くにある中学校の校庭。真っ青な空と、いい感じにコラボしてます。
この銀杏の木に挟まれるように、なんと桜が満開なんです。正式名称は、わかりませんが
たぶん10月桜と思われます。日を追うにしたがって、一段と花の数も多くなってきています。
ちょうど今が満開かもしれません。
5
そんなに大きな桜の木ではありませんので、生徒さんは、ほとんど興味を示していません。(泣)
2 3
全体姿はこんな感じです。
4
ほら、こんなにきれいに咲き誇っています。10月桜です。
6 7
雲一つない、青空に一層と映えわたっています。あと何日この状態が続くのでしょう?
まだまだ散らないでいてくれそうです。

 

次の話題は、手賀沼自然ふれあい緑道からです。
ボランティア団体「一球会」(筆者もメンバーのひとり)が植栽してるのは、9月の彼岸花。
もう一つが1月に咲くニホンズイセンです。毎年、手賀沼の強風にさらされて、なかなか花を見せてくれないのですが今年は、多少いいようです。あちこちでちらほら、花の顔をみせてくれるようになりました。
10
彼岸花と並行して一列に植えられていますが、今年はこのように早々と顔を見せ始めました。
まとめてこのように植えてる場所もあります。ここでもちらほら、花が見られるようになりました。

11 12
13
手賀沼の青い空と相まって、一段ときれいに見えます。きれいですよね。
 16 14
朝の日の光を体いっぱいに受けて元気な様子です。
15
まだまだ、花の数もちらほらですが、今年こそは彼岸花と同様に<手賀沼の名所>になればいいですね。
この群生地は、手賀大橋より曙橋に向かって緑道を2.9km地点にあります。どうぞいらしてください。

最後に手賀沼の日の出を一つ。
これは令和3年11月24日午前6時33分、鷲野谷新田、藤棚の東屋から撮影したものです。
ここから見ると日の出の位置もずっと右側に寄ってきています。丘からの日の出です。
17
毎朝、美しい違った日の出を見ていると、心が洗われますね。

それでは今回は、この辺で失礼します。

 

【令和3年(2021年)11月26日掲載】

柏の魅力をシェアしよう!

ぐる~っと手賀沼

執筆者:kuma3(くまさん) 千葉県柏市在住。

柏市南部、主にカシワニの棲む手賀沼を中心として自然の魅力をぐる~っと紹介していきます。カシワニの棲むあなたの知らない柏の魅力を新発見!